【マジカミ】総制作費12億円超えのソシャゲがサービス終了【MGCM】

ゲーム
記事内に広告が含まれています。
スポンサーリンク

2023年8月23日、DMM GAMES(FANZA GAMES)他で配信されていたアイ・アム・マジカミ(DX)のサービス終了が発表されました。

すでに引退済みのゲームでしたが、サービス開始直後は少し遊んでいたこともあったので思い出を振り返っていこうと思います。

アイ・アム・マジカミとは

2019年6月26日サービス開始、2023年10月31日サービス終了。約4年と4ヶ月の配信でした。

PC版がDMM GAMES(FANZA GAMES)のほか、iOS / Android版がApp Store、Google Playeで配信されていました。

ジャンルはRPGで、ヒロインとなる魔法少女12人にドレスを組み合わせて強化・攻略していきます。

サービス開始時は『マジカミ』の名称で配信されていましたが、2021年6月23日に『アイ・アム・マジカミ』へリニューアル。

最大の特徴は宣伝文句でもある『総制作費 12 億円超えの “マジヤバいカミ RPG”』です。

アイ・アム・マジカミの思い出

サービス開始時はそこそこプレイしていたのですが、半年くらいでほぼ引退していました。

RPG部分は特筆すべき点は無く、フルボイスでないストーリーがあったり、3Dモデルのクオリティが低かったりで総制作費 12 億円掛けてもこんなものかと少し落胆した思い出があります。

寝室性能はとても高かったので引退後もちょくちょくログインして寝室を見ることはありました。

  • ヒロインの数が決まっており、設定やストーリーに深みを持たせることができる。
  • スタイリッシュなストリート系のデザイン
  • 寝室シーンの性能が高い
  • キャラクターの3Dモデルのクオリティが低い
  • ドレスは4凸の前提のため課金圧が強い
  • 運営の迷走と謎コラボ
  • 寝室シーンが見放題のサブスク

それぞれの項目について解説していきます。

ヒロインの数が決まっており、設定やストーリーに深みを持たせることができる。

基本的にキャラクターが無限に追加されるソシャゲで、ヒロインが12人固定というのは当時としては珍しかった印象。

設定やストーリーに深みを持たせることができる反面、シナリオがマンネリ化しやすかったり、好みの女の子が固定されていまうというデメリットもありましたが。

スタイリッシュなストリート系のデザイン

DMM GAMESで配信されているゲームの中でも異彩を放っており、いわゆるペルソナ風のスタイリッシュなストリート系のデザインが胡散臭いカッコ良さがあって結構好きでした。

寝室シーンの性能が高い

アニメーションやカメラアングルにも力を入れており、寝室シーンは他のゲームに比べて頭一つ飛び抜けていました。

しかも純愛系が多いFANZA GAMESの中で凌辱系にも力を入れていた数少ないゲームだったのでサービス終了は悲しいですね。

キャラクターの3Dモデルのクオリティが低い

サービス開始した2019年時点でもキャラクターの3Dモデルのクオリティが低いのが残念でした。

戦闘中はともかくストーリーでもこの3Dモデルが出てくるのでかなり厳しかった印象。特に動きが良かったわけでもないので、これなら立ち絵による紙芝居で良かったのでは…と思います。

特に2020年には原神、2021年にはウマ娘がリリースされてゲームの3Dモデルのレベルが一つあがりました。それなのに2021年に『アイ・アム・マジカミ』へリニューアルしたにもかかわらず3Dモデル周りはあまり変化がなかったのは厳しい。

ドレスは4凸の前提のため課金圧が強い

最高性能を引き出すためにはドレスは4凸(計5枚)必要だったので無課金・微課金はお断り状態でした。

ガチャも最高レアリティの排出率は表記上3%でしたが全然出なかった、無料石の配布もかなり少なかった記憶。

運営の迷走と謎コラボ

結構色々な作品とコラボしていたのですが、個人的にはあまり効果が無さそうな謎コラボが多かった印象があります。

『シュタインズ・ゲート』はともかく、一般作品の『五等分の花嫁』や『ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうかⅢ』とのコラボはどうなんだろう…。

コラボキャラ風のドレスとして実装されていますがユーザーの層が違いすぎるし、当然寝室もないどころかDX版ではコラボ自体省かれていましたからね。

個人的には寝室性能が高かったのでアダルトゲームとして頑張ってほしかったのですが、ここの運営はスタッフが露出していきたい系のようなので一般ゲームに広げて行きたかったのでしょう。

その結果どっちつかずの方向性となりコラボ広告費を掛けた割には売上に繋がらなかったのではないかと思います。

寝室シーンが見放題のサブスク

寝室シーンが見放題のサブスクが始まりました。

これはこれで新しい試みなので微課金ユーザーにはアリなのかなぁと思ったのですが、アダルトゲームでガチャ引く目的の9割は寝室シーン見るためなんだから廃課金者は減るだろうし、上手くやらないとゲームの寿命を縮める諸刃の剣だったのではないでしょうか。

アイ・アム・マジカミ サービス終了の理由

緊急半生放送<今回のサービス終了ご説明と今後について>」の生放送で、サービス終了発表についての説明がありましたので簡単にまとめました。

  • 親会社やDMM・協力会社との複雑な契約形態の中で、マジカミをこのまま続けるのが難しい理由が発生した
  • 最盛期に比べると売上の規模は減少傾向にあったが、今すぐにサービス終了するほどの売上まで落ちたわけではない
  • 4周年ぐらいのタイミング(約2ヶ月前)でこのままサービスを続けるのが難しい理由が発生した
  • サービス継続の可能性も残っていたため、コストカットや人員調整などを行い関係各所と相談をしたり、新機能の開発やDX系コンテンツの拡充や年末に向けての準備は普通に進めていた。
  • 8月の頭(2週間前)にサービス終了が決定した。
  • 関連会社や親会社・DMMなどどこか特定の会社が悪かったのではなく、ここまですごく助けてもらった
引用元:緊急半生放送<今回のサービス終了ご説明と今後について>

とのことで、はっきりとした理由は明言されませんでした。守秘義務とかあるから仕方ないですが生放送まで行ってこの説明ではなんともすっきりしない。

ここで『親会社』というのが出てきたので調べてみたのですが、アイ・アム・マジカミは『株式会社グリフォン』がオリジナルIPの開発・運営拠点として設立した『Studio MGCM』が運営・開発を行っていました。

『株式会社グリフォン』は『サイバーエージェント』と『グリー』が設立した合弁会社で、2023年5月1日付でサイバーエージェント傘下の『CA GameFi』と合併しており『株式会社グリフォン』は解散しています。

参考 https://gamebiz.jp/news/366426

『CA GameFi』の事業内容は『ブロックチェーンゲーム開発』のようなので、通常のオンラインゲームの開発をすることはなさそうです。子会社のサービスを続けても利益の見込みが少ないゲームにリソースを注ぎ込むよりは、そのリソースも使って新しいブロックチェーンゲームを開発しようと考えるのは経営的に仕方がないのかなぁと思います。

私は関係者ではないのであくまで推測ですが、時系列とプロデューサーの説明から『親会社が合併・解散してしまい、新しい親会社の事業内容と異なるため契約上折り合いがつかなくなり、新しい出資元を探したが見つからず、運営を続けていくことができなくなった』という感じなのではないかと思いました。

生放送ではクラウドファンディングを行い、達成時にはオフライン版のリリースがされる可能性があるとのことで、サービス終了後も形に残るのは有り難いですね。

まとめ

結局のところ『総制作費 12 億円超え』というインパクトは残せたものの、ゲームとしては特筆すべき点がなく、興味を持ったユーザーも『12億掛けてもこの程度のゲームか…』という残念さを体験してユーザーが離れていったのではないかなぁと。

ねこつき
ねこつき

とりあえずサービス終了までの残り約2ヶ月、お気に入りの寝室を録画して回りたいと思います。

著:しめさば, イラスト:GSK(Studio MGCM), イラスト:あこと, その他:Studio MGCM
¥673 (2023/09/30 03:28時点 | Amazon調べ)
\楽天ポイント5倍セール!/
楽天市場
\ポイント5%還元!/
Yahooショッピング
タイトルとURLをコピーしました