ブルーアーカイブ The Animation 第06話…ヒナ委員長登場、戦闘シーンも良く動いてたな!

ブルーアーカイブ
記事内に広告が含まれています。
スポンサーリンク

ブルーアーカイブ The Animation 第06話 感想

以下、ブルーアーカイブのネタバレを含みます。

ブルーアーカイブ The Animation 第06話の内容は、ストーリー 『Vol.1 対策委員会編』 1章 20~2章 02

ゲヘナ風紀委員会との戦闘、ヒナ委員長登場と撤収まで。

今回はかなりアニメオリジナル部分が追加されていた。

アビドスと便利屋の共闘の流れも改変され、ヒナに怯えるアル社長やヒナと戦いたい戦闘狂のシロコの部分などはカット。

戦闘シーンはいままでで一番動いていたが、やはりシナリオというか演出面で気になる部分が多かった。

風紀委員に囲まれている状況で自己紹介を初めたり、戦闘が始まっているのにシロコとアルが銃を向けあったり…。

イオリは爆破されてなぜかマンホールに落ちるし…モモトーク写真のオマージュをやりたいのはわかるがちょっと無理がある。

そしてなにより、5人でアビドス高校を守り抜いてきたシロコたちがホシノ抜きとはいえイオリ一人にあっさり倒されたのはちょっと納得できないなぁと感じた。

ゲームのシナリオでは他校の生徒からも驚愕されるほどの戦闘力を持つ精鋭なんですよアビドス高校の生徒たちは。実際にゲームのほうは初戦のイオリ・チナツとの戦闘は勝利してるし。

5話の先生のセリフが解釈違いでSNSで少し炎上していたので今回も炎上しそうだなぁと思ったけど、たぶんゲーム未視聴組は今週から放送される鬼滅の刃見てるだろう、放送時間被ってるし…。

この後はまた終盤まで盛り上がりにかけるので…アニメでどう描くのか楽しみでもあり不安でもあります。

『ブルーアーカイブ』のアニメを見るなら『dアニメストア』がおすすめ!

ねこつき
ねこつき

今週から放送された鬼滅の刃のクオリティと比べると…。

タイトルとURLをコピーしました